受賞
受賞 : 川村 光博士、求 幸年博士:JPSJのEditor's choiceを受賞
投稿者 : master 投稿日時: 2010-11-1 (1182 ヒット)
受賞

本領域・課題イ「フラストレーションとカイラリティ」の研究代表者、川村 光博士(大阪大学・大学院理学研究科・教授)と課題キ「スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能」の研究分担者、求 幸年博士(東京大学 大学院工学系研究科 准教授)の論文、

"Novel spin-liquid states in the frustrated Heisenberg antiferromagnet
on the honeycomb lattice", S. Okumura, H. Kawamura, T. Okubo and Y. Motome, J. Phys. Soc. Jpn., 79, 114705 (2010).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。