受賞
受賞 : 若林 裕助博士:Physical ReviewのEditor's suggestionを受賞
投稿者 : master 投稿日時: 2011-11-1 (6942 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者、若林 裕助博士(大阪大学・大学院基礎工学研究科・准教授)の論文、

"Surface melting of electronic order in La0.5Sr1.5MnO4", S.B.Wilkins, X.Liu, Y.Wakabayashi,J.-W.Kim, P.J.Ryan, J.F.Mitchell, and J.P.Hill, Phys. Rev. B 84, 165103-1-6 (2011).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。

(内容) 層状Mn酸化物La0.5Sr1.5MnO4は軌道秩序を示す。
その軌道秩序が表面の存在によってどのような変化をするかを調べた。
表面では相転移点付近での温度依存性が顕著に変わる。これは軌道秩
序のsurface meltingとして解釈できる。(surface meltingというのは,融
点より低い温度で表面だけ先に溶ける状態で,金の111面などはsurface
meltingを示す事が知られている。逆のsurface freezingを示す物質もある。


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。