研究会
研究会 : 第2回トピカルミーティング「フラストレーションとマルチフェロイクス」:写真・会議報告更新
投稿者 : master 投稿日時: 2008-5-23 (711 ヒット)

第2回トピカルミーティング「フラストレーションとマルチフェロイクス」

2008年6月6日(金)〜7日(土)に京都大学宇治地区木質ホールにて第2回トピカルミーティング「フラストレーションとマルチフェロイクス」が開催されました。強誘電性と結晶構造・磁気構造の対応関係の解明、新概念の創出、新物質設計指針の構築を目的として、複数の自由度の制御や巨大電気磁気効果の発現で注目を集めるマルチフェロイクス物質について口頭、ポスター発表がなされ、フラストレーションを切り口として実験、理論の両面から活発な議論が行われました。

  •    日時:2008年6月6日(金)〜7日(土)
  •    場所京都大学宇治地区 木質ホール
  •    住所:〒611-0011宇治市五ヶ庄
  • コンビーナ:有馬孝尚(東北大多元研), 東正樹(京大化研), 石原純夫(東北大理), 川村光(阪大理)
  • 登録参加数:67名
  •   懇親会:6月6日夕方(会費2000円)
  •    主催:文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」

会議資料


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。