研究会
研究会 : 日欧ジョイントフラストレーション・コンファレンス「Frustration in Condensed Matter」:会議報告更新
投稿者 : master 投稿日時: 2009-5-27 (855 ヒット)

日欧ジョイントフラストレーション・コンファレンス「Frustration in Condensed Matter」

2009年5月12日-15日、フランス・リヨンのEcole Normale Lyon (ENL)にて、欧州ESFの"Frustration Network" (代表:P. Mendelse 氏)と特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」のジョイントで、フラストレーションに関する国際会議"Frustration in Condensed Matter"を開催いたしました。

会議のWebサイト: http://frustration-euro-japan-2009.neel.cnrs.fr/

会議直前に新型インフルエンザ騒ぎが勃発し各大学から厳しい渡航自粛要請があった関係もあって、日本側参加予定者から大量の直前キャンセルが発生したことは(やむを得ない事情とは言え)大変残念でした。にもかかわらず、会議自体は、日本側からの34名も含め全体でおよそ120名の参加者を得て、ハイレベルの発表およびそれを巡っての活発な討議が展開され、成功裏に終了いたしました。ご協力いただいた皆様方には、深く感謝いたします。なお、直前キャンセルの影響で、最終プログラムが、事前のものとは大幅に変更になっておりますので、ご注意ください。

  • 日時:2009年5月12日(火)〜15日(金)
  • 場所:フランス・リヨン, Ecole Normale Superieure de Lyon
  • 問合せ先:frustration-euro-japan-2009@spin.ess.sci.osaka-u.ac.jp
  • 組織委員長:Peter Holdsworth(ENL),川村光(阪大)
  • 組織委員:P. Mendels (Orsay),R. Moessner (Dresden),B. Canals(Grenoble), 加倉井和久 (原研),高木英典 (理研,東大)
  • 最終プログラム

会議報告


会議の様子





印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。