研究会
研究会 : 第2回フラストレーション東京セミナー
投稿者 : master 投稿日時: 2008-7-17 (1939 ヒット)

第2回フラストレーション東京セミナー

  • 日時:7月24日(木)17:30〜
  • 場所:東大 本郷キャンパス 工学部6号館3階 セミナー室A
  • 話題

  • 1.
    題目:Ru パイロクロアの金属絶縁体転移
    講師:山本 文子(理研 )
    要旨:110-120 K で構造相転移を伴う金属絶縁体転移を生じるRu パイロクロア Hg2Ru2O7 と Tl2Ru2O7 の物性および構造を紹介する。数 GPa の高圧下では MIT はいずれも消失し、Hg2Ru2O7 は金属へ、Tl2Ru2O7 は絶縁体へと変化した。なぜ、このような違いが生じるのかを考察したい。
    2.
    題目:三角格子系 LiVX_2 (X=O, S) における三量体化の起源
    講師:求 幸年(東大院工)
    要旨:LiVX_2(X=O,S) は d 電子を2つもつ V サイトが三角格子を組むフラストレート系で、V の三量体化を伴う相転移を示す。この三量体化の起源について、これまでにいくつかの提案がなされているが、どれが本質的なのかについては未解決である。講演では、これまでのシナリオの再検討と、新しい起源の可能性について調べた結果を報告する。

連絡先

  • frustration_tokyo@riken.jp


印刷用ページ 

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。