益田 隆嗣博士:Physical ReviewのEditor's suggestionを受賞

投稿日時 2010-04-01 | カテゴリ: 受賞

本領域・課題ウ「量子フラストレーション」の研究分担者、益田 隆嗣博士(東京大学 物性研究所 准教授)の2次元正方格子反強磁性体における磁場誘起マグノンの不安定化についての論文、

"Instability of magnons in two-dimensional antiferromagnets at high magnetic fields",
T. Masuda, K. Kitaoka, S. Takamizawa, N. Metoki, K. Kaneko, K.C. Rule,
K. Kiefer, H. Manaka, and H. Nojiri,
Phys. Rev. B 81, 100402 (2010).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。




フラストレーションが創る新しい物性にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.frustration.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.frustration.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=184