第4回トピカルミーティング「フラストレーションとカイラリティ」会議報告更新

投稿日時 2009-12-21 | カテゴリ: 研究会

近年、物性物理の様々な分野で注目されているカイラリティの問題を、フラストレーションを切り口として実験、理論の両面から議論した。口頭発表22件、ポスター発表19件があった。トピカルミーティング初の試みとして宿泊を原則として、参加者間でじっくりと議論、情報交換を行った。


  • 日時:2009年7月3日(金) 13:00 〜 4日(土) 16:00
  • 場所:有馬温泉 メープル有馬 (078-903-5000)
  • 住所:〒651-1401 神戸市北区有馬町406-3 (http://www.the-maple.jp)
  • プログラム:(口頭発表)(ポスター発表)
  • 参加費:宿泊費 13650 円(*注)
  • コンビーナ:谷口年史(阪大理)、中辻 知(東大物性研)、有馬 孝尚(東北大多元 研)、川村光(阪大理)
  • 主催:文科省科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」
  • 連絡先:谷口年史(阪大理)
  • 会議報告:(文責:有馬孝尚)





フラストレーションが創る新しい物性にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.frustration.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.frustration.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=94