投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-22 (2892 ヒット)

「フラストレート系」特定領域、最終成果報告会

「フラストレート系」特定・最終成果報告会参加者の皆様、世話人より事務連絡です。


  1. ポスターボードについて

    ポスターボードの大きさは、高さ210cm × 幅90cmです。 ポスターを貼るためのピンはこちらでも用意いたしますが、 数に限りがありますので、可能であれば各自ご用意ください。

  2. 懇談会費(特に学生の方)

    1月7日夜の懇談会(@千里阪急ホテル)の費用ですが、
    一般:7,500円
    学生:4,000円
    といたします。すでに出欠の連絡をいただいておりますが、新たに出席を希望する方(特に学生の方)は、12月24日(土)までに世話人に連絡ください。
    ttani@#-NO-SPAM-#ltfridge.ess.sci.osaka-u.ac.jp
    (メールアドレスは「#-NO-SPAM-#」を削除してご利用ください)


谷口(世話人)



投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-21 (1498 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの北中氏による口頭発表が、第21回日本MRS学術シンポジウムにて研究奨励賞を受賞しました。

タイトル:チタン酸ビスマス単結晶の圧電特性に及ぼす90度ドメイン壁の影響

説明:層状強誘電体において、ドメインエンジニアリングが特性向上に有効であることを実証した世界初の成果が、MRS-J研究奨励賞を受賞。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-16 (1781 ヒット)
受賞

本領域・課題ア「幾何学的フラストレート磁性体の新奇秩序」の研究分担者、太田 仁博士(神戸大学・教授)の論文、

``Electric Polarization Induced by Neel Order without Magnetic Superlattice: Experimental Study of Cu3Mo2O9 and Numerical Study of a Small Spin Cluster'', H. Kuroe, T. Hosaka, S. Hachimura, T. Sekine, M. Hase, K. Oka, T. Ito, H. Eisaki, M. Fujisawa, S. Okubo and H. Ohta, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 083705 (2011).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-9 (3843 ヒット)

「フラストレート系」特定領域、最終成果報告会

本特定の最終成果報告会を、以下の要領で開催いたします。


  • 日時:2012 年1 月6 日(金)13時 〜8 日(日)16時頃
  • 場所:阪大吹田キャンパス、銀杏会館
  • 懇談会:1月7日夜、千里阪急ホテル(会費7,500円程度を予定。可能な範囲で学生さんには多少の割引)
  • 申込締切:2011年12月2日(金)
  • プログラム、会場案内PDF版
  • 世話人:川村光(阪大理)、谷口年史(阪大理)、吉野元(阪大理)、花咲 徳亮(阪大理)、若林裕助(阪大基礎工)
  • 主催:文科省科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」

オーラル・ポスター双方からなる成果報告を予定しています。 会自体は、外部に対してもオープンとしますが、今回は会議の性格上、 オーラル発表については、領域メンバーに限らせて頂きます。


計画研究の代表者と分担者、H22-23年度の公募研究代表者については 参加・発表が必須です。必ず御本人が参加の上、御本人ないしはグループ のどなたかが、少なくとも1件の発表を行って下さい(もちろん、複数の発表も 大歓迎です)。なお、分担者として計画班で資金を得た後、連携研究者に転じた 皆様方には、基本、計画班分担者に準じた扱いとお考え下さい。 H20-21年度の公募研究代表者、公募研究の分担者、計画研究・公募研究の連携研究者の皆様については、参加は必須ではありませんが、是非、積極的に御参加頂ければと存じます。もちろん、発表についても大歓迎です。領域外部の皆様についても、参加自体およびポスター発表については歓迎です。特に多数の若い方々(ポスドク、院生)の参加を期待しております。


宿泊については、各自で御手配ください。



投稿者 : master 投稿日時: 2011-11-11 (2836 ヒット)

フラストレーションが創る新しい物性

富山大学で開催されました日本物理学会2011年秋季大会において、川村光領域代表が「フラストレーションが創る新しい物性」と題したチュートリアル講演を行いました。講演の詳細は、下記会議報告をご覧ください。


  • 日時:2011 年9 月23 日(金)
  • 場所:富山大学
  • 講演番号:23pHB-1
  • タイトル:フラストレーションが創る新しい物性
  • 会議報告Web公開用(文責:有馬孝尚)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 31 »