投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-19 (2374 ヒット)

第7回トピカルミーティング「フラストレーションとスピン・電荷・軌道・格子自由度」

今回はフラストレーションをもつ系におけるスピン・格子・軌道・電荷など異な る自由度の絡み合いから生じる新物性・新機能をターゲットとしております。も ちろん、その他の関連する話題も大歓迎です。領域最後のトピカルミーティング となりますので、皆様ふるってご参加ください。よろしくお願い申し上げます。


  • 日時:2011 年7 月1 日(金)13:00 〜2 日(土)16:00頃
  • 場所彦根ビューホテル TEL(0749)26-1111
  • 住所:〒522-0002 滋賀県彦根市松原町網代口1435-91
  • 定員:約80名
  • 参加費:10,000円程度(宿泊費・食費・懇親会費込み)※懇親会のアルコール代は別途徴収させて頂きます
  • 申込締切:2011年5月31日(火)
  • コンビーナ:香取浩子(東京農工大工)、求幸年(東大工)、藤山茂樹(理研)、川村光(阪大理)
  • 招待講演者(予定):上田寛(東大)、川上則雄(京大)、高木英典(理研・東大)、勝藤拓郎(早大)、中尾裕則(物構研)、井口敏(東北大)、那須譲治(東北大)(敬称略)
  • 主催:文科省科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」
  • 連絡先:藤山茂樹(理研)048-462-1111 (内線8744)
    fujiyama@#-NO-SPAM-#riken.jp
    (メールアドレスは「#-NO-SPAM-#」を削除してご利用ください)

参加希望者は、以下のフォームにご記入の上、アブストラクトを添付し、電子メールで下記アドレスにお申込み下さい。
送信先 :frustration-hikone@riken.jp


申込みフォーム
-------------------------------------------
第7回トピカルミーティング「フラストレーションとスピン・電荷・軌道・格子自由度」参加申込

名  前:     (よみがな)
所  属:
身  分:(学生の場合は所属研究室も)
e-mail :
電  話:
講演希望:有・無 (どちらか一方を消して下さい)(*注1)
講演タイトル:(講演希望ありの場合のみ)
講演の希望:口頭・ポスター(講演希望ありの場合は、どちらか一方を消して下さい)(*注1)
講演アブストラクト:テンプレート(template.doc)に従って作成し、この申込みフォームに添付して下さい。
旅費援助希望:有・無 (どちらか一方を消して下さい)(*注2)
その他ご希望:
-------------------------------------------

(*注1)講演枠が限られているため、ご希望に添えない場合があります。 ご了承ください。
(*注2)旅費の援助は、原則として本特定領域のメンバー(およびその関係者) 以外の方に限らせていただきます。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1791 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者、左右田稔博士(東京大学・助教)、松浦直人博士(東北大学・助教)、若林裕助博士(大阪大学・准教授)と前カ班研究代表者、廣田和馬博士(前大阪大学・教授)の論文、

``Superparamagnetism induced by polar nanoregions in relaxor ferroelectric (1-x)BiFeO3-xBaTiO3'', M. Soda, M. Matsuura, Y. Wakabayashi and K. Hirota, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 043705 (2011).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1393 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である若林裕助博士(大阪大学・准教授)が、第5回日本物理学会若手奨励賞 (Young Scientist Award of the Physical Society of Japan) を受賞しました。
本賞は学会の各専門領域における有望な若手研究者を奨励するもので、今回、分子性固体・有機導体分野を専門分野とする領域7での受賞となりました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1801 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年 2011年3月25日に日本金属学会 第69回功績賞「物性部門」を受賞いたしました。
功績賞は金属学または金属工業技術の進歩発達に寄与する有益な論文を発表したもので、しかも将来を約束されるような新進気鋭の研究者、技術者に授賞するものです。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1632 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年2月19日に風戸研究奨励会風戸賞を受賞いたしました。
風戸賞は電子顕微鏡及び関連装置の研究・開発並びに電子顕微鏡及び関連装置を用いた研究(医学、生物学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者に対して授与している記念賞です。


« 1 ... 4 5 6 (7) 8 9 10 ... 31 »