投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (3132 ヒット)
受賞

本領域・公募班(A01)「低次元フラストレート系におけるカイラル及び多極子秩序とその動的観測量」研究分担者の佐藤 正寛博士が、日本物理学会若手奨励賞(領域3)を受賞しました。

対象論文
(1) Masahiro Sato, Tsutomu Momoi, and Akira Furusaki,
NMR relaxation rate and dynamical structure factors in nematic and
multipolar liquids of frustrated spin chains under magnetic fields,
Phys. Rev. B 79, 060406(R) 1-4 (2009) Editor's Suggestion
(2) Masahiro Sato, Toshiya Hikihara, and Tsutomu Momoi
Field and temperature dependence of the NMR relaxation rate in the
magnetic quadrupolar liquid phase of spin-1/2 frustrated ferromagnetic chains,
Phys. Rev. B 83, 064405 1-10 (2011)
(3) Shunsuke Furukawa, Masahiro Sato, and Shigeki Onoda,
Chiral Order and Electromagnetic Dynamics in One-Dimensional Multiferroic
Cuprates,
Phys. Rev. Lett. 105, 257205 1-4 (2010)

説明
近年、一連の擬1次元銅酸化物磁性体がカイラル秩序と強誘電性を同時に示すことが実験研究で明らかとなり注目を集めている。さらにこの物質群の有効模型であるJ1-J2スピン鎖に磁場を加えると、3種類の磁気多極子液体相と呼ばれる新しい相が現れることが理論的に予言されていた。このような多極子秩序の直接観測は非常に困難な為、多極子相を検出する有効な実験方法の提案は磁性研究の重要課題の1つといえる。このような状況において佐藤らは、J1-J2鎖で実現する多極子相の明確な特徴が核磁気共鳴法と中性子散乱実験で捉えられることを予言した。これは多極子液体相に対するはじめての現実的検出方法の提案であり、実際幾つかの擬1次元銅酸化物(LiCuVO4など)でこの予言が検証されつつある。また佐藤らは、上記銅酸化物の中で精力的に実験研究されている化合物の1つであるLiCu2O2に注目し、その1次元有効J1-J2模型の相図、3次元性を取り込んだカイラル磁気秩序構造、電気磁気応答スペクトルを決定し、様々な実験結果を定性的・定量的に説明する理論も構築した。


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (9300 ヒット)
受賞

本領域・公募班(A02)「NMRによるフラストレートしたスピン・電荷・軌道結合系の電子状態の解明」研究分担者の清水 康弘博士(名古屋大学 大学院理学研究科 講師)が日本物理学会若手奨励賞(領域7)を受賞しました。

受賞対象:
「有機三角格子モット絶縁体における量子スピン液体、モット転移、および超伝導に関する研究」

対象論文:
・"Spin Liquid State in an Organic Mott Insulator with a Triangular Lattice",
Physical Review Letters 91 (2003) 107001
・"Mott Transition in a Valence-Bond Solid Insulator with a Triangular Lattice",
Physical Review Letters 99,(2007) 256403
・"Uniaxial Strain Effects on Mott and Superconducting Transitions in
κ-(ET)2Cu2(CN)3", Journal of the Physical Society of Japan 80 (2011) 074702


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (2798 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究分担者、野田幸男博士(東北大学 多元物質科学研究所 教授)グループの福永守氏が日本物理学会若手奨励賞(領域10)を受賞しました。

日本物理学会では、将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励することを目的として若手奨励賞を設けています。この度、領域10における第6回受賞者の一人として、福永守特任助教(野田研究室)が選ばれました。福永守氏が開発したD-Eヒステリシスカーブ二重波法の開発とこれを利用したマルチフェロイック物質RMn2O5 (R=Y, Bi, 希土類)の研究に高いオリジナリティーを見いだすことができます。新しく開発した電気分極測定法を用いることにより、強誘電体分極の履歴に関する部分と、電気伝導や通常の誘電成分やその他不明な履歴に関係しない成分を何ら仮定無しに実験的に分離することができるようになりました。また、磁場中でのRMn2O5(R=Tm,Yb)の電気分極フロップ(90度回転)の現象も見つけて、マルチフェロイック分野では大きな一歩を記しています。同氏の開発した精緻な実験手法と解析法はマルチフェロイック分野の研究を実験的に大きく進展させており、今後、更なる研究の進展が見込まれます。

対象論文:
"New Technique for Measuring Ferroelectric and Antiferroelectric Hysteresis Loops",
   M. Fukunaga and Y. Noda
   J. Phys. Soc. Jpn 77(2008)064706.
"Discovery of Polarization Flop Transition and Simultaneous Measurements of Magnetic Ordering and Dielectric Properties of TmMn2O5",
   M. Fukunaga, K. Nishihata, H. Kimura, Y. Noda, and K. Kohn,
   J. Phys. Soc. Jpn 77(2008)094711.
"Magnetic Phase Transitions and Magnetic-Field-Induced Polarization Flops in Multiferroic YbMn2O5",
   Mamoru FUKUNAGA, Yuma SAKAMOTO, Hiroyuki KIMURA, and Yukio NODA
   J. Phys. Soc. Jpn 80(2011)014705.
"Magnetic Field Induced Polarization Flop in Multiferroic TmMn2O5",
   M. Fukunaga, Y. Sakamoto, H. Kimura, Y. Noda, N. Abe, K. Taniguchi, T. Arima, S. Wakimoto, M. Takeda, K. Kakurai, and K. Kohn
   Phys. Rev. Lett. 103 (2009) 077204.


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-15 (2658 ヒット)

ニュースレターVol.13(2012 March)が発行されました。 ニュースレターのページからpdfをダウンロードできます。是非、ご一読ください。


投稿者 : master 投稿日時: 2012-2-1 (2619 ヒット)
受賞

本領域・・公募班(A01)「フラストレート系におけるトポロジカルな励起」の研究連携者、高津 浩博士(首都大学東京 理工学研究科 助教)、研究代表者、門脇 広明博士(首都大学東京 理工学研究科 准教授)の論文、

"Quantum spin fluctuations in the spin-liquid state of Tb2Ti2O7",
H. Takatsu, H. Kadowaki, T. J. Sato, J. W. Lynn, Y. Tabata, T. Yamazaki, K. Matsuhira,
J. Phys.: Condens. Matter 24, 052201 (2012).

IoP Selectに選ばれました。


« 1 (2) 3 4 5 ... 31 »