投稿者 : master 投稿日時: 2010-12-17 (2360 ヒット)

International Conference on Frustration in Condensed Matter (ICFCM)

The International Conference on Frustration in Condensed Matter (ICFCM) will be held in Sendai, Japan, from January 11th to 14th, 2011, at Sendai International Center. The conference will be held under the auspices of The MEXT project "Novel State of Matter Induced by Frustration", Head investigator: Hikaru Kawamura (Osaka University), Term: year 2007-2012. The conference will cover a variety of frustration-related phenomena in condensed matter physics, including
  • novel order and spin liquids in geometrically frustrated magnets
  • coupling between spin, lattice, charge and orbital degrees of freedom
  • frustration and chirality
  • itinerant frustrated systems
  • multiferroics
  • dielectrics and relaxors
    etc.
The conference will consist of both invited and contributed presentations giving a complete and up-to-date picture of research in the fields of frustration in condensed matter. Poster sessions will also be organized to encourage and develop interactions among participants. Participation from outside of the project is welcome, either from inside or outside of Japan. The registration fee except for the banquet is free. Application of presentation from outside of the project, mostly being assigned to posters, is also encouraged.


Please check conference's web site for detailed information.


投稿者 : master 投稿日時: 2010-11-16 (2070 ヒット)

第6回トピカルミーティング「フラストレーションと量子輸送」

2010年10月15日(金)〜16日(土)の2日間にわたり、第6回トピカルミーティング「フラストレーションと量子輸送」が広島県宮島にて開催され、強相関電子系のフラストレーション効果や新奇な量子輸送現象に関する口頭・ポスター発表および活発な討議が行われました。


  • 日時:平成22 年10 月15 日(金)14:00 〜16 日(土)15:30
  • 場所:宮島グランドホテル有もと (0829-44-2411)
  • 住所:〒739-0522 広島県廿日市市宮島町南町364
  • プログラムtopical6_program.pdf
  • 会議報告PDF版(文責:求 幸年(理論)、田畑吉計(実験))
  • コンビーナ:常次宏一(東大物性研)、中村裕之(京大工)、花咲徳亮(岡山大理)、川村光(阪大理)
  • 主催:文科省科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」

     


投稿者 : master 投稿日時: 2010-9-28 (1894 ヒット)

フラストレートした構造を持つ金属の探索と物性,およびスピン系など他の系も含めて関連する問題について討議を行う.特に金属絶縁体転移・重い電子的振舞い,フラストレートスピン系のスピン輸送・熱輸送・交差相関応答などの,量子輸送および関連する物性について実験,理論の両面から議論することを目的とする.本トピカルミーティングは宿泊を原則とし,発表は口頭・ポスターセッションからなる.

  • 日時:平成22 年10 月15 日(金)14:00 〜16 日(土)15:30
  • 場所:宮島グランドホテル有もと (0829-44-2411)
  • 住所:〒739-0522 広島県廿日市市宮島町南町364 (http://www.miyajima-arimoto.co.jp/index.html)
  • 参加者向け御案内topical6_guide.pdf
  • プログラムtopical6_program.pdf
  • コンビーナ:常次宏一(東大物性研)、中村裕之(京大工)、花咲徳亮(岡山大理)、川村光(阪大理)
  • 主催:文科省科研費特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」
  • 連絡先:花咲徳亮(岡山大)
    hanasaki@#-NO-SPAM-#psun.phys.okayama-u.ac.jp
    (メールアドレスは「#-NO-SPAM-#」を削除してご利用ください)


投稿者 : master 投稿日時: 2010-9-14 (1044 ヒット)

第4回物性科学領域横断研究会「凝縮系科学の最前線」

2010年11月13日(土)〜11月15日(月)に東京大学武田先端知ビル5F武田ホールにて第4回物性科学領域横断研究会「凝縮系科学の最前線」が開催されました。今回から、前野先生と押山先生の2つの新学術領域が新たに加わられ、物性科学に関する口頭、ポスター発表がなされ、実験、理論の両面から活発な議論が行われました。

  • 日時:2010年11月13日(土)〜11月15日(月)
  • 場所:東京大学武田先端知ビル5F武田ホール
  • 住所:〒113-8656 東京都文京区本郷 7-3-1
  • 定員:300名
  • 参加費:無料
  • 連絡先:谷垣 勝己(東北大学大学院理学研究科)
  • コンビーナ:秋光 純(委員長), 福山 秀敏(副委員長), 谷垣 勝己(実行委員長、会計担当), 川村 光、上田 和夫、前野 悦輝(プログラム委員), 高梨 弘毅、押山 淳(広報担当), 鹿野田 一司(会場・懇親会担当), 寺崎 一郎(凝縮系科学賞担当)
  • 主催
    • 「フラストレーションが創る新しい物性」(川村 光)
    • 「分子自由度が拓く新物質科学」(鹿野田 一司)
    • 「スピン流の創出と制御」(高梨 弘毅)
    • 「配列ナノ空間を利用した新物質科学:ユビキタス元素戦略」(谷垣 勝己)
    • 「重い電子系の形成と秩序化」(上田 和夫)
    • 「コンピューティクスによる物質デザイン:複合相関と非平衡ダイナミクス」(押山 淳)
    • 「対称性の破れた凝縮系におけるトポロジカル量子現象」(前野 悦輝)

会議報告


投稿者 : master 投稿日時: 2010-9-14 (2213 ヒット)

恒例になりました物性関係の特定領域・新学術領域合同の研究会が、今年も2010年11月13日(土)ー11月15日(月)の日程で、東大武田先端知ビル(昨年と同じ会場)にて開催されます。ホームページは、

http://ryoikioudan2010.imr.tohoku.ac.jp/

です。今回から、前野先生と押山先生の2つの新学術領域が新たに加わられます。ポスター講演申込受付開始は、9月14日が予定されていますが、もちろん、聴講のみでも結構です。上記サイトからご登録をお願いいたします。

皆様、奮ってご参加ください。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 17 »