投稿者 : admin 投稿日時: 2008-9-28 (2045 ヒット)

第3回フラストレーション東京セミナー


日時

 10月2日(木)17:30〜

場所

 東大 本郷キャンパス 工学部6号館3階 セミナー室A

話題



  • 題目:パイロクロア型モリブデン酸化物におけるモット転移近傍の常磁性金属状態
  • 講師:井口 敏(東大院工 )
  • 要旨:R2Mo2O7は希土類イオン半径の違いによりモット転移を起こすことが知られている。高圧下では、この転移点の近くに比較的抵抗の高い常磁性金属相が存在することが新しく分かった。講演では、圧力効果の実験結果の報告とともに、常磁性金属相の発現機構の提案などを行いたい。


  • 題目:有機導体におけるスピンフラストレーションとモット転移
  • 講師:黒崎 洋輔(東大院工)
  • 要旨:近年、有機導体は強相関電子系のモデル物質として注目を集めている[1]。特にκ-(ET)2Cu2(CN)3という物質は、正三角格子構造によるスピンフラストレーションによって、低温においても長距離秩序を示さないことが知られている[2]。またκ-(ET)4Hg2.78Cl8という物質は、正三角格子構造を持つ上に、アニオン層の不整合なHg鎖によって実効的にホールがドープされている物質である。我々はこれらの物質の磁性を13C-NMR測定でアプローチしており、当日はこれらの物質の最近の進展を含めた実験結果を紹介する。
    [1] K. Miyagawa, K. Kanoda, and A. Kawamoto, Chem. Rev. 104 (2004) 5635.
    [2] Y. Shimizu et al., Phys. Rev. Lett. 91 (2003) 107001.

連絡先:frustration_tokyo@riken.jp


投稿者 : master 投稿日時: 2008-9-8 (858 ヒット)

第2回物性科学領域横断研究会「スピンが拓く物性科学の最前線」

2008年11月29日(土) 〜12月1日(月)に東京大学武田先端知ビル5F武田ホールにて第2回物性科学領域横断研究会「スピンが拓く物性科学の最前線」が開催されました。電子の性質であるスピンは、磁性から超伝導に至るまで本質的な役割を果たしています。特に最近応用を含めて多くのめざましい発展が生まれています。 これらの最新成果を俯瞰するために、「スピン」をキーワードとして、物性科学に関する科研費6特定領域から口頭、ポスター発表がなされ、実験、理論の両面から活発な議論が行われました。

  • 日時:2008年11月29日(土) 〜12月1日(月)
  • 場所:東京大学武田先端知ビル5F武田ホール
  • 住所:〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
  • 定員:300名
  • 参加費:無料
  • 懇親会:山上会館 (11月30日 18:10-20:00)
  • 連絡先:谷垣 勝己(東北大学大学院理学研究科)
  • 組織委員長:秋光 純 (青山学院大学理工学部)
  • 主催:6特定領域
    • 異常量子物質の創製ー新しい物理を生む新物質(青山学院大学 秋光純)
    • スーパークリーン物質で実現する新しい量子相(東京大学 福山寛)
    • 100テスラ領域の強磁場スピン科学(東北大学 野尻浩之)
    • スピン流の創出と制御(東北大学 高梨弘毅)
    • 配列ナノ空間を利用した新物質科学−ユビキタス元素戦略(東北大学 谷垣勝己)
    • フラストレーションが創る新しい物性(大阪大学 川村光)

会議報告


投稿者 : admin 投稿日時: 2008-9-8 (2975 ヒット)

電子の性質であるスピンは、磁性から超伝導に至るまで本質的な役割を果たしています。特に最近応用を含めて多くのめざましい発展が生まれています。 これらの最新成果を俯瞰するために、「スピン」をキーワードとして、物性科学に関する科研費6特定領域(*)を一堂に会した合同研究会を開催いたします。

研究会は、20名の講師による招待講演(口頭発表)と、参加者によるポスター発表からなります。多くの皆様のご参加と、ポスター発表へのお申し込みをお待ちしております。研究会の詳細、招待講演プログラム、参加申込、ポスター発表申込については

http://6tokutei.net/

をご参照ください。ご参加のみの場合も上記サイトからご登録をお願いいたします。

    日時:2008年11月29日(土) 〜12月1日(月)
    場所:東京大学武田先端知ビル5F武田ホール
    定員:300名
   参加費:無料
参加申込締切:2008年11月15日(土)
ポスター締切:2008年09月30日(火)
  予稿締切:2008年10月15日(水)
   懇親会:山上会館 (11月30日 18:10-20:00)
   連絡先:谷垣 勝己(東北大学大学院理学研究科)
 組織委員長:秋光 純 (青山学院大学理工学部)

(*)6特定領域
 • 異常量子物質の創製ー新しい物理を生む新物質(青山学院大学 秋光純)
 • スーパークリーン物質で実現する新しい量子相(東京大学 福山寛)
 • 100テスラ領域の強磁場スピン科学(東北大学 野尻浩之)
 • スピン流の創出と制御(東北大学 高梨弘毅)
 • 配列ナノ空間を利用した新物質科学−ユビキタス元素戦略(東北大学 谷垣勝己)
 • フラストレーションが創る新しい物性(大阪大学 川村光)


投稿者 : master 投稿日時: 2008-7-18 (1219 ヒット)

平成20年度立ち上げ全体会議

  •    日時:2008年6月23日(月)13:30 〜 25日(水)15:30
  •    場所:独立行政法人理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール
  •   世話人:香取浩子(代表), 藤山茂樹, 小野田繁樹, 田口康二郎
  •   連絡先:香取浩子(独立行政法人理化学研究所 高木磁性研究室、katori@riken.jp)


主催:文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」


投稿者 : master 投稿日時: 2008-7-18 (2347 ヒット)

平成20年度立ち上げ全体会議

  •    日時:2008年6月23日(月)13:30 〜 25日(水)15:30
  •    場所:独立行政法人理化学研究所 和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール
  •   世話人:香取浩子(代表), 藤山茂樹, 小野田繁樹, 田口康二郎
  •   連絡先:香取浩子(独立行政法人理化学研究所 高木磁性研究室、katori@riken.jp)



主催:文部科学省科学研究費補助金特定領域研究「フラストレーションが創る新しい物性」


« 1 ... 10 11 12 (13) 14 15 16 17 »