投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1219 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である若林裕助博士(大阪大学・准教授)が、第5回日本物理学会若手奨励賞 (Young Scientist Award of the Physical Society of Japan) を受賞しました。
本賞は学会の各専門領域における有望な若手研究者を奨励するもので、今回、分子性固体・有機導体分野を専門分野とする領域7での受賞となりました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1595 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年 2011年3月25日に日本金属学会 第69回功績賞「物性部門」を受賞いたしました。
功績賞は金属学または金属工業技術の進歩発達に寄与する有益な論文を発表したもので、しかも将来を約束されるような新進気鋭の研究者、技術者に授賞するものです。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1440 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年2月19日に風戸研究奨励会風戸賞を受賞いたしました。
風戸賞は電子顕微鏡及び関連装置の研究・開発並びに電子顕微鏡及び関連装置を用いた研究(医学、生物学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者に対して授与している記念賞です。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-3-1 (821 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究連携者、木村剛博士(大阪大学基礎工学研究科・教授)が「電気磁気効果に関連する物質および現象の研究」の業績に対して、第7回日本学術振興会賞を受賞しました(2011年3月)。

本賞は、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるため、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援していくとの趣旨から、日本学術振興会により平成16年度に創設されました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-2-1 (1759 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの松尾氏が、2010年12月に開かれた第20回日本MRS学術シンポジウムにおいて奨励賞を受賞いたしました。

対象講演

  • 松尾拓紀, “ 欠陥制御を用いた(Bi0.5K0.5)TiO3-BiFeO3 強誘電体単結晶の育成と特性評価”

« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 10 »