投稿者 : master 投稿日時: 2008-12-28 (1981 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの北中氏、鈴木氏が2008年12月に開かれたIUMRS-ICA 2008(International Union of Materials Research Societies - International Conference in Asia 2008)において講演奨励賞(The Young Researcher Award)を受賞いたしました。

対象講演

  • Yuuki Kitanaka (北中祐樹), “ 90-deg Domain Clamping by Oxygen Vacancies in Ferroelectric Bi4Ti3O12 Single Crystals”
  • Muneyasu Suzuki (鈴木宗泰),“ Polarization properties of high-quality (Bi,Na)TiO3 grown by high- oxygen-pressure flux method”

投稿者 : master 投稿日時: 2008-12-3 (1637 ヒット)
受賞

本領域・課題ウ「量子フラストレーション」の研究分担者である益田隆嗣博士(横浜市大・准教授)が下記の研究に関して、第3回(2009年)日本物理学会若手奨励賞を受賞しました。第64回年次大会(立教学院池袋キャンパス2009/3/27-30)で、受賞講演などが予定されています。

対象論文

  • Phase transition between dimerized-antiferromagnetic and uniform-antiferromagnetic phases in the impurity-doped spin-Peierls cuprate CuGeO3; Phys. Rev. Lett. 80 (1998) 4566.
  • Competition between helimagnetism and commensurate quantum spin correlations in LiCu2O2; Phys. Rev. Lett. 92 (2004) 1.
  • Indirect magnetic interaction mediated by spin dimer in Cu2Fe2Ge4O13; Phys. Rev. B 75 (2007) 220404(R).

投稿者 : master 投稿日時: 2008-10-1 (419 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究代表者、有馬 孝尚博士(東京大学新領域創成科学研究科・教授)の論文、

"Magnetic Control of Crystal Chirality and the Existence of a Large Magneto-Optical Dichroism Effect in CuB2O4", M. Saito, K. Ishikawa, K. Taniguchi, and T. Arima, Phys. Rev. Lett. 101, 117402 (2008).

がPhysical Review の Editor's suggestionに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2008-9-1 (413 ヒット)
受賞

本領域・課題ウ「量子フラストレーション」の研究分担者、益田 隆嗣博士(東京大学 物性研究所 准教授)、課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究代表者、廣田和馬博士(前大阪大学・教授)らによるナノ細孔内での酸素分子超結晶の磁気励起についての論文、

"Magnetic Excitation in Artificially Designed Oxygen Molecule Magnet",
T. Masuda, S. Takamizawa, K. Hirota, M. Ohba, and S. Kitagawa,
J. Phys. Soc. Jpn. 77, 083703 (2008). (4 pages)

JPSJの Editor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2008-5-26 (2062 ヒット)
受賞

課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究分担者である野田幸男博士(東北大多元研・教授 )の論文

New Technique for Measuring Ferroelectric and Antiferroelectric Hysteresis Loops
M. Fukunaga and Y. Noda J. Phys. Soc. Jpn77(No.6)(2008)064706.

がJPSJのEditor's choice に選ばれました。


« 1 ... 5 6 7 (8) 9 10 »