投稿者 : master 投稿日時: 2012-4-18 (2865 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究連携者、梶本 亮一博士(総合科学研究機構東海事業センター利用研究促進部・副主任研究員)らが平成24年度の文部科学大臣賞科学技術賞(研究部門)を受賞しました。

詳細は下記ホームページをご参照ください。
J-PARC MLF Topics


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-29 (3001 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究代表者、有馬 孝尚博士(東京大学新領域創成科学研究科・教授)の論文、

"Ferroelectricity Induced by Proper-Screw Type Magnetic Order", Taka-hisa Arima, J. Phys. Soc. Jpn., 76, 073702 (2007).

日本物理学会第17回論文賞に選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-29 (2749 ヒット)
受賞

本領域・課題エ「フラストレーションと量子伝導」の研究分担者、廣井 善二博士(東京大学物性研究所・教授)の論文、

"Rattling-Induced Superconductivity in the β-Pyrochlore Oxides AOs2O6", Yohei Nagao, Jun-ichi Yamaura, Hiroki Ogusu, Yoshihiko Okamoto, Zenji Hiroi, J. Phys. Soc. Jpn., 78, 064702 (2009).

日本物理学会第17回論文賞に選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (2881 ヒット)
受賞

本領域・課題エ「フラストレーションと量子伝導」の研究分担者、廣井 善二博士(東京大学 物性研究所 教授)研究室助教の岡本 佳比古博士が日本物理学会若手奨励賞(領域3)を受賞しました。

岡本 佳比古助教


日本物理学会では、将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励することを目的として若手奨励賞を設けています。この度、領域3における第6回受賞者の一人として、岡本佳比古助教(物質設計評価施設・広井研究室)が選ばれました。岡本佳比古氏はフラストレーション系の物質探索において優れた成果を挙げています。最近では、実験的にも理論的にも謎とされているスピン1/2カゴメ格子反強磁性体の基底状態を調べる事を目的として、様々な銅鉱物を発掘し、良質試料を合成してその磁性を調べています。特に同氏が見出したVesignieiteは理想的なモデル物質の候補と考えられていますが、そこでは磁化プラトーが理論的に予測されていた飽和磁化の1/3ではなく、2/5に近い値に現れることを見出しました。カゴメ格子反強磁性体に限らず、同氏の発見した物質群は磁性研究の最前線において注目を集め、大きな研究の潮流を生み出しています。

対象論文:
"Vesignieite BaCu3V2O8(OH)2 as a Candidate Spin-1/2 Kagome Antiferromagnet", Yoshihiko Okamoto, Hiroyuki Yoshida, and Zenji Hiroi, J. Phys. Soc. Jpn 78, 033701 (2009).
"Magnetization plateaus of the spin-1/2 kagome antiferromagnets volborthite and vesignieite", Yoshihiko Okamoto, Masashi Tokunaga, Hiroyuki Yoshida, Akira Matsuo, Koichi Kindo, and Zenji Hiroi, Phys. Rev. B 83, 180407 (2011).
"Spin-Liquid State in the S = 1/2 Hyperkagome Antiferromagnet Na4Ir3O8", Yoshihiko Okamoto, Minoru Nohara, Hiroko Aruga-Katori, and Hidenori Takagi, Phys. Rev. Lett. 99, 137207 (2007).


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (3201 ヒット)
受賞

本領域・公募班(A01)「低次元フラストレート系におけるカイラル及び多極子秩序とその動的観測量」研究分担者の佐藤 正寛博士が、日本物理学会若手奨励賞(領域3)を受賞しました。

対象論文
(1) Masahiro Sato, Tsutomu Momoi, and Akira Furusaki,
NMR relaxation rate and dynamical structure factors in nematic and
multipolar liquids of frustrated spin chains under magnetic fields,
Phys. Rev. B 79, 060406(R) 1-4 (2009) Editor's Suggestion
(2) Masahiro Sato, Toshiya Hikihara, and Tsutomu Momoi
Field and temperature dependence of the NMR relaxation rate in the
magnetic quadrupolar liquid phase of spin-1/2 frustrated ferromagnetic chains,
Phys. Rev. B 83, 064405 1-10 (2011)
(3) Shunsuke Furukawa, Masahiro Sato, and Shigeki Onoda,
Chiral Order and Electromagnetic Dynamics in One-Dimensional Multiferroic
Cuprates,
Phys. Rev. Lett. 105, 257205 1-4 (2010)

説明
近年、一連の擬1次元銅酸化物磁性体がカイラル秩序と強誘電性を同時に示すことが実験研究で明らかとなり注目を集めている。さらにこの物質群の有効模型であるJ1-J2スピン鎖に磁場を加えると、3種類の磁気多極子液体相と呼ばれる新しい相が現れることが理論的に予言されていた。このような多極子秩序の直接観測は非常に困難な為、多極子相を検出する有効な実験方法の提案は磁性研究の重要課題の1つといえる。このような状況において佐藤らは、J1-J2鎖で実現する多極子相の明確な特徴が核磁気共鳴法と中性子散乱実験で捉えられることを予言した。これは多極子液体相に対するはじめての現実的検出方法の提案であり、実際幾つかの擬1次元銅酸化物(LiCuVO4など)でこの予言が検証されつつある。また佐藤らは、上記銅酸化物の中で精力的に実験研究されている化合物の1つであるLiCu2O2に注目し、その1次元有効J1-J2模型の相図、3次元性を取り込んだカイラル磁気秩序構造、電気磁気応答スペクトルを決定し、様々な実験結果を定性的・定量的に説明する理論も構築した。


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (10982 ヒット)
受賞

本領域・公募班(A02)「NMRによるフラストレートしたスピン・電荷・軌道結合系の電子状態の解明」研究分担者の清水 康弘博士(名古屋大学 大学院理学研究科 講師)が日本物理学会若手奨励賞(領域7)を受賞しました。

受賞対象:
「有機三角格子モット絶縁体における量子スピン液体、モット転移、および超伝導に関する研究」

対象論文:
・"Spin Liquid State in an Organic Mott Insulator with a Triangular Lattice",
Physical Review Letters 91 (2003) 107001
・"Mott Transition in a Valence-Bond Solid Insulator with a Triangular Lattice",
Physical Review Letters 99,(2007) 256403
・"Uniaxial Strain Effects on Mott and Superconducting Transitions in
κ-(ET)2Cu2(CN)3", Journal of the Physical Society of Japan 80 (2011) 074702


投稿者 : master 投稿日時: 2012-3-24 (2862 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究分担者、野田幸男博士(東北大学 多元物質科学研究所 教授)グループの福永守氏が日本物理学会若手奨励賞(領域10)を受賞しました。

日本物理学会では、将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励することを目的として若手奨励賞を設けています。この度、領域10における第6回受賞者の一人として、福永守特任助教(野田研究室)が選ばれました。福永守氏が開発したD-Eヒステリシスカーブ二重波法の開発とこれを利用したマルチフェロイック物質RMn2O5 (R=Y, Bi, 希土類)の研究に高いオリジナリティーを見いだすことができます。新しく開発した電気分極測定法を用いることにより、強誘電体分極の履歴に関する部分と、電気伝導や通常の誘電成分やその他不明な履歴に関係しない成分を何ら仮定無しに実験的に分離することができるようになりました。また、磁場中でのRMn2O5(R=Tm,Yb)の電気分極フロップ(90度回転)の現象も見つけて、マルチフェロイック分野では大きな一歩を記しています。同氏の開発した精緻な実験手法と解析法はマルチフェロイック分野の研究を実験的に大きく進展させており、今後、更なる研究の進展が見込まれます。

対象論文:
"New Technique for Measuring Ferroelectric and Antiferroelectric Hysteresis Loops",
   M. Fukunaga and Y. Noda
   J. Phys. Soc. Jpn 77(2008)064706.
"Discovery of Polarization Flop Transition and Simultaneous Measurements of Magnetic Ordering and Dielectric Properties of TmMn2O5",
   M. Fukunaga, K. Nishihata, H. Kimura, Y. Noda, and K. Kohn,
   J. Phys. Soc. Jpn 77(2008)094711.
"Magnetic Phase Transitions and Magnetic-Field-Induced Polarization Flops in Multiferroic YbMn2O5",
   Mamoru FUKUNAGA, Yuma SAKAMOTO, Hiroyuki KIMURA, and Yukio NODA
   J. Phys. Soc. Jpn 80(2011)014705.
"Magnetic Field Induced Polarization Flop in Multiferroic TmMn2O5",
   M. Fukunaga, Y. Sakamoto, H. Kimura, Y. Noda, N. Abe, K. Taniguchi, T. Arima, S. Wakimoto, M. Takeda, K. Kakurai, and K. Kohn
   Phys. Rev. Lett. 103 (2009) 077204.


投稿者 : master 投稿日時: 2012-2-1 (2692 ヒット)
受賞

本領域・・公募班(A01)「フラストレート系におけるトポロジカルな励起」の研究連携者、高津 浩博士(首都大学東京 理工学研究科 助教)、研究代表者、門脇 広明博士(首都大学東京 理工学研究科 准教授)の論文、

"Quantum spin fluctuations in the spin-liquid state of Tb2Ti2O7",
H. Takatsu, H. Kadowaki, T. J. Sato, J. W. Lynn, Y. Tabata, T. Yamazaki, K. Matsuhira,
J. Phys.: Condens. Matter 24, 052201 (2012).

IoP Selectに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-21 (1503 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの北中氏による口頭発表が、第21回日本MRS学術シンポジウムにて研究奨励賞を受賞しました。

タイトル:チタン酸ビスマス単結晶の圧電特性に及ぼす90度ドメイン壁の影響

説明:層状強誘電体において、ドメインエンジニアリングが特性向上に有効であることを実証した世界初の成果が、MRS-J研究奨励賞を受賞。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-12-16 (1786 ヒット)
受賞

本領域・課題ア「幾何学的フラストレート磁性体の新奇秩序」の研究分担者、太田 仁博士(神戸大学・教授)の論文、

``Electric Polarization Induced by Neel Order without Magnetic Superlattice: Experimental Study of Cu3Mo2O9 and Numerical Study of a Small Spin Cluster'', H. Kuroe, T. Hosaka, S. Hachimura, T. Sekine, M. Hase, K. Oka, T. Ito, H. Eisaki, M. Fujisawa, S. Okubo and H. Ohta, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 083705 (2011).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-11-1 (6958 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者、若林 裕助博士(大阪大学・大学院基礎工学研究科・准教授)の論文、

"Surface melting of electronic order in La0.5Sr1.5MnO4", S.B.Wilkins, X.Liu, Y.Wakabayashi,J.-W.Kim, P.J.Ryan, J.F.Mitchell, and J.P.Hill, Phys. Rev. B 84, 165103-1-6 (2011).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。

(内容) 層状Mn酸化物La0.5Sr1.5MnO4は軌道秩序を示す。
その軌道秩序が表面の存在によってどのような変化をするかを調べた。
表面では相転移点付近での温度依存性が顕著に変わる。これは軌道秩
序のsurface meltingとして解釈できる。(surface meltingというのは,融
点より低い温度で表面だけ先に溶ける状態で,金の111面などはsurface
meltingを示す事が知られている。逆のsurface freezingを示す物質もある。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-10-29 (898 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの小野塚氏による口頭発表が、第31回エレクトロセラミックス研究討論会にて研究奨励賞を受賞しました。

タイトル:高品質(Bi0.5Na0.5)TiO3–BaTiO3単結晶の育成と強誘電・圧電特性評価

説明:電子材料関連の研究討論会において、Bi系固溶体単結晶の構造解析と物性に関する口頭発表が、研究奨励賞を受賞。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-9-9 (793 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの下記のポスター発表が、日本セラミックス協会第24回秋季シンポジウムにて最優秀ポスター賞、優秀ポスター賞を受賞しました。

最優秀ポスター賞
服部 拓也、野口祐二他、「ニオブ系強誘電体単結晶の育成と強誘電・圧電特性評価」
説明:ニオブ系強誘電体の単結晶育成と圧電特性に関するポスター発表が、最優秀賞を受賞

優秀ポスター賞
石川 翔太朗、野口祐二他、「MnドープBaTiO3強誘電体単結晶における欠陥制御と高機能化」
説明:BaTiO3結晶への酸素空孔の導入により圧電特性が飛躍的に向上することを報告したポスター発表が優秀賞を受賞。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-7-27 (1151 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの矢内氏によるポスター発表が、強誘電体ジョイント国際会議ISAF/PFM2011にてポスター賞を受賞しました。

矢内 剣、野口祐二他、The 20th IEEE Intern. Symp. on Applications of Ferroelectrics, The Intern. Symp. on Piezoresponse Force Microscopy & Nanoscale Phenomena in Polar Materials, Student Poster Competition Award (2011)

タイトル:GROWTH AND CHARACTERIZATION OF HIGH-QUALITY (Bi0.5Na0.5)TiO3 FERROELECTRIC SINGLE CRYSTSLS

説明:強誘電体関連のジョイント国際会議にて、Bi系強誘電体の高品質化に関するポスター発表が受賞。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1567 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者、左右田稔博士(東京大学・助教)、松浦直人博士(東北大学・助教)、若林裕助博士(大阪大学・准教授)と前カ班研究代表者、廣田和馬博士(前大阪大学・教授)の論文、

``Superparamagnetism induced by polar nanoregions in relaxor ferroelectric (1-x)BiFeO3-xBaTiO3'', M. Soda, M. Matsuura, Y. Wakabayashi and K. Hirota, J. Phys. Soc. Jpn. 80, 043705 (2011).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1169 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である若林裕助博士(大阪大学・准教授)が、第5回日本物理学会若手奨励賞 (Young Scientist Award of the Physical Society of Japan) を受賞しました。
本賞は学会の各専門領域における有望な若手研究者を奨励するもので、今回、分子性固体・有機導体分野を専門分野とする領域7での受賞となりました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1550 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年 2011年3月25日に日本金属学会 第69回功績賞「物性部門」を受賞いたしました。
功績賞は金属学または金属工業技術の進歩発達に寄与する有益な論文を発表したもので、しかも将来を約束されるような新進気鋭の研究者、技術者に授賞するものです。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-4-7 (1378 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である森茂生博士(大阪府立大学・教授)が、2011年2月19日に風戸研究奨励会風戸賞を受賞いたしました。
風戸賞は電子顕微鏡及び関連装置の研究・開発並びに電子顕微鏡及び関連装置を用いた研究(医学、生物学、材料学、ナノテク、その他)において優れた業績を挙げられた研究者に対して授与している記念賞です。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-3-1 (772 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究連携者、木村剛博士(大阪大学基礎工学研究科・教授)が「電気磁気効果に関連する物質および現象の研究」の業績に対して、第7回日本学術振興会賞を受賞しました(2011年3月)。

本賞は、我が国の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるため、創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し、その研究意欲を高め、研究の発展を支援していくとの趣旨から、日本学術振興会により平成16年度に創設されました。


投稿者 : master 投稿日時: 2011-2-1 (1701 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者である野口祐二博士(東大先端研・准教授)グループの松尾氏が、2010年12月に開かれた第20回日本MRS学術シンポジウムにおいて奨励賞を受賞いたしました。

対象講演

  • 松尾拓紀, “ 欠陥制御を用いた(Bi0.5K0.5)TiO3-BiFeO3 強誘電体単結晶の育成と特性評価”

投稿者 : master 投稿日時: 2010-12-1 (1180 ヒット)
受賞

本領域・課題キ「スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能」の研究分担者、高木 英典博士(東京大学・大学院新領域創成科学研究科・教授)が、American Physical Societyのフェローに選出されました。

2010 Fellow of American Physical Society:
Citation: For outstanding contributions to the exploration of the physics and materials science of strongly correlated transition metal oxides.
Nominated by: Division of Materials Physics


投稿者 : master 投稿日時: 2010-12-1 (816 ヒット)
受賞

本領域・課題ウ「量子フラストレーション」の研究代表者、陰山 洋博士(京都大学・大学院工学研究科・教授)らが、2010年度 粉体粉末冶金協会 研究進歩賞を受賞しました。

2010年度 粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
Cedric Tassel(京大白眉)、辻本 吉廣(NIMS)、陰山 洋(京大工)、吉村一良(京大理)
「低温還元処理を用いたFe無限層構造をもつSrFeO2の作製」について


投稿者 : master 投稿日時: 2010-11-1 (1188 ヒット)
受賞

本領域・課題イ「フラストレーションとカイラリティ」の研究代表者、川村 光博士(大阪大学・大学院理学研究科・教授)と課題キ「スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能」の研究分担者、求 幸年博士(東京大学 大学院工学系研究科 准教授)の論文、

"Novel spin-liquid states in the frustrated Heisenberg antiferromagnet
on the honeycomb lattice", S. Okumura, H. Kawamura, T. Okubo and Y. Motome, J. Phys. Soc. Jpn., 79, 114705 (2010).

JPSJのEditor's choiceに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2010-11-1 (685 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究連携者、木村剛博士(大阪大学基礎工学研究科・教授)が「らせん磁性に伴うマルチフェロイクス効果の先駆的研究」の業績に対して、第24回日本IBM科学賞(物理分野)を受賞しました(2010年11月)。

本賞は、わが国の基礎科学研究の振興と優れた若手研究者の育成に寄与することを目的として、1987年、日本アイ・ビー・エム創立50周年を記念して創設されました。


投稿者 : master 投稿日時: 2010-8-1 (668 ヒット)
受賞

本領域・課題イ「フラストレーションとカイラリティ」の研究代表者、川村 光博士(大阪大学・大学院理学研究科・教授)の論文、

"Phase transition of the three-dimensional
chiral Ginzburg-Landau model: search for the chiral phase", T. Okubo and H. Kawamura, Phys. Rev. B 82, 014404 (2010).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2010-4-15 (1850 ヒット)
受賞

本領域・課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」の研究分担者である野田 幸男博士(東北大学多元研・教授)が、2009年 12月9日に東海村で開かれた日本中性子科学会第9回年会で、日本中性子科学会学会賞を受賞いたしました。

受賞テーマ

  • 中性子とX線4軸回折装置を使用した構造物性研究


投稿者 : master 投稿日時: 2010-4-15 (1550 ヒット)
受賞

本領域・公募班(A01)「フラストレーションの強い異方的2次元量子スピン系に おけるスピノン」の研究代表者である河野 昌仙博士(物質・材料研究機構・研究員)が、日本物理学会第65回年次大会で、第4回(2010年) 日本物理学会若手奨励賞を受賞いたしました。

対象論文

  • Masanori Kohno, Oleg A. Starykh, and Leon Balents,“Spinons and triplons in spatially anisotropic frustrated antiferromagnets", Nature Physics 3 (2007) 790.
  • Masanori Kohno,“Dynamically Dominant Excitations of String Solutions in the Spin-1/2 Antiferromanetic Heisenberg Chain in a Magnetic Field", Phys. Rev. Lett. 102 (2009) 037203.

関連url

投稿者 : master 投稿日時: 2010-4-15 (2127 ヒット)
受賞

本領域・課題キ「スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能」の研究分担者である高木英典博士(東大新領域・教授/独立行政法人理化学研究所・主任研究員)が、文部科学大臣表彰(科学技術賞、研究部門)を受賞いたしました。


投稿者 : master 投稿日時: 2010-4-1 (730 ヒット)
受賞

本領域・課題カ「フラストレーションとリラクサー」の研究分担者、野口 祐二博士(東大先端研・准教授)の論文、

"Oxygen-vacancy-induced 90°-domain clamping in ferroelectric BiTiO
single crystals"
Y. Kitanaka, Yuji Noguchi, and Masaru Miyayama
Physical Review B, 81 (9), 094114/1-8 (2010).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。


投稿者 : master 投稿日時: 2010-4-1 (780 ヒット)
受賞

本領域・課題ウ「量子フラストレーション」の研究分担者、益田 隆嗣博士(東京大学 物性研究所 准教授)の2次元正方格子反強磁性体における磁場誘起マグノンの不安定化についての論文、

"Instability of magnons in two-dimensional antiferromagnets at high magnetic fields",
T. Masuda, K. Kitaoka, S. Takamizawa, N. Metoki, K. Kaneko, K.C. Rule,
K. Kiefer, H. Manaka, and H. Nojiri,
Phys. Rev. B 81, 100402 (2010).

Physical Review の Editor's suggestionに選ばれました。


(1) 2 »