トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能

全体の研究組織へ戻る

 

課題キ「スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能」

概要

スピネル化合物を主たる対象に、フラストレーションを内蔵する物質でのスピン・格子・軌道・電荷等の自由度の絡み合いから生じる新物性・新機能、とりわけスピン・軌道複合液体やスピン・電荷複合液体、それに付随する熱電機能等を発掘する。

研究組織

研究代表者

  • 香取 浩子
    • 東京農工大学・大学院工学研究院・教授
    • 計画研究の統括、物性測定

研究分担者

  • 高木 英典
    • 東京大学・大学院理学研究科・教授
    • 物性測定
  • 求 幸年
    • 東京大学・大学院工学系研究科・准教授
    • 理論解析
  • 藤山 茂樹
    • 理化学研究所・高木磁性研究室・専任研究員
    • 物性測定

連携研究員

  • 東 正樹
    • 東京工業大学・応用セラミックス研究所・教授
    • フラストレート系物質の合成
  • 松田 雅昌
    • OAK RIDGE NATIONAL LABORATORY・Neutron Scattering Science Division・Lead Instrument Scientist
    • 中性子散乱による構造解析
プリンタ用画面
前
フラストレーションとリラクサー
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
フラストレート系CuOジグザグチェーンにおける超伝導の研究