トップ  >  領域の内容  >  項目A01「フラストレート系の基礎物性」  >  幾何学的フラストレート磁性の新奇秩序

全体の研究組織へ戻る

 

課題ア「幾何学的フラストレート磁性の新奇秩序」

概要

カゴメ格子やパイロクロア格子等の幾何学的フラストレート磁性体について、フラストレーションによって引き起こされる新奇な磁気秩序化に伴う静的・動的諸性質を、新物質の合成・探索、NMR・比熱・ESR・μSR等の各種実験手段を用いて解明する。

研究組織

研究代表者

  • 前川 覚
    • 京都大学・大学院人間・環境学研究科・教授
    • 研究計画の統括、NMR実験、磁化測定、試料合成

研究分担者

  • 太田 仁
    • 神戸大学・分子フォトサイエンス研究センター・教授
    • 幾何学的フラストレーション磁性体の強磁場ESR
  • 菊池 彦光
    • 福井大学・大学院工学研究科・教授
    • 試料合成及び磁性測定
  • 小山田 明
    • 京都大学・大学院人間・環境学研究科・助教
    • f電子系フラストレーション化合物のNMR
  • 松平 和之
    • 九州工業大学・大学院工学研究院・助教
    • 試料作製・物性評価

研究連携者

  • 石田 憲二
    • 京都大学 大学院理学研究科 教授
プリンタ用画面
カテゴリートップ
項目A01「フラストレート系の基礎物性」
次
フラストレーションとカイラリティ