トップ  >  領域の内容  >  項目A01「フラストレート系の基礎物性」  >  フラストレーションとカイラリティ

全体の研究組織へ戻る

 

課題イ「フラストレーションとカイラリティ」

概要

スピングラスAuFe編集, CuMn編集やパイロクロア 等のフラストレート磁性体およびYBCO銅酸化物超伝導セラミックスを対象とし、数値シミュレーションを主とした数値・理論研究と、電気磁気測定・ホール測定を主とした実験研究の有機的連携により、物性研究にカイラリティ・コンセプトに基づく新たな地平を拓く。

研究組織

研究代表者

  • 川村 光
    • 大阪大学・大学院理学研究科・教授
    • 研究計画の統括、理論

研究分担者

  • 谷口 年史
    • 大阪大学・大学院理学研究科・准教授
    • スピングラス・超伝導セラミックスの実験
  • 吉野 元
    • 大阪大学・大学院理学研究科・助教
    • カイラリティ秩序の理論
  • 萩原 亮
    • 京都工芸繊維大学・工芸科学研究科・教授
    • 超伝導セラミックスの試料作成
  • 出口博之
    • 九州工業大学・大学院工学研究院・教授
    • 超伝導セラミックスの磁気電気測定
  • 小野田 繁樹
    • 理化学研究所・古崎物性理論研究室・専任研究員
プリンタ用画面
前
幾何学的フラストレート磁性の新奇秩序
カテゴリートップ
項目A01「フラストレート系の基礎物性」
次
量子フラストレーション