トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  Ti,V酸化物における軌道自由度付フラストレーション系の物質開発と物性

全体の研究組織へ戻る

 

A02公募-5 「Ti,V酸化物における軌道自由度付フラストレーション系の物質開発と物性」

概要

研究組織

研究代表者

  • 勝藤 拓郎
    • 早稲田大学 理工学術院 教授
プリンタ用画面
前
磁気的競合を利用したリラクサー現象の探索
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
ベクトル・スピン・カイラリティ―・スピン液体と磁気強誘電性の理論的研究