トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  フラストレーションによって生じる非自明なスピン構造中での電荷自由度の振る舞い

全体の研究組織へ戻る

 

A02公募-7 「フラストレーションによって生じる非自明なスピン構造中での電荷自由度の振る舞い」

概要

研究組織

研究代表者

  • 田口 康二郎
    • 理化学研究所チームリーダー
プリンタ用画面
前
ベクトル・スピン・カイラリティ―・スピン液体と磁気強誘電性の理論的研究
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
量子スピンが引き起こすマルチフェロイック相の新奇物性の探索