トップ  >  領域の内容  >  項目A01「フラストレート系の基礎物性」  >  量子フラストレーション

全体の研究組織へ戻る

 

課題ウ「量子フラストレーション」

概要

強い量子効果が、フラストレートスピン系のスピン状態や磁気秩序化に与える影響を、理論的・実験的に探求する。2次元系を中心としつつ、パイロクロア格子、J1-J2 正方格子、梯子格子などの1〜3次元のフラストレートした量子スピン系物質開発を低温合成法等を駆使して行い、新奇な量子状態、臨界現象、電荷・軌道に関連した秩序化等の新物性開拓を総合的に進める。

研究組織

研究代表者

  • 陰山 洋
    • 京都大学・大学院工学研究科・教授
    • 計画研究の統括、2次元新物質探索

研究分担者

  • 上田 寛
    • 東京大学・物性研究所・教授
    • 3次元新物質探索
  • 益田 隆嗣
    • 東京大学・物性研究所・准教授
    • 1次元新物質探索
  • 加倉井 和久
    • 日本原子力研究開発機構・量子ビーム応用研究部門・部門長・特別研究員
    • 中性子散乱を用いたフラストレート系の研究
  • 川島 直輝
    • 東京大学・物性研究所・教授
    • 理論解析・モデル計算
プリンタ用画面
前
フラストレーションとカイラリティ
カテゴリートップ
項目A01「フラストレート系の基礎物性」
次
新規フラストレーション物質三角スピンチューブの磁気状態の核磁気共鳴による研究