トップ  >  領域の内容  >  項目A01「フラストレート系の基礎物性」  >  幾何学的フラストレート系におけるスピン励起と格子振動の中性子非弾性散乱研究

全体の研究組織へ戻る

 

概要

 幾何学的フラストレート磁性体におけるフラストレーション効果を微視的に発見し、その描像を明確にすることを目指す。中性子非弾性散乱と超音波測定を主たるツールとし、進捗状況によって放射光も併用する。

研究組織

研究代表者

  • 富安 啓輔
    • 東北大学 大学院理学研究科 助教

研究分担者

  • 池田 伸一
    • 産業技術総合研究所 主任研究員

研究分担者

  • 渡辺 忠孝
    • 日本大学 理工学部 講師

研究分担者

  • 原 茂生
    • 中央大学 理工学部 助教

研究分担者

  • 高阪 勇輔
    • 青山学院大学 理工学部 研究支援者

研究連携者

  • 岩佐 和晃
    • 東北大学 大学院理学研究科 准教授

論文・記事・著書リスト

  1. Angle-resolved photoemission observation of the superconducting-gap minimum and its relation to the nesting vector in the phonon-mediated superconductor YNiBC
    • *T. Baba, T. Yokoya, S. Tsuda, #T. Watanabe, M. Nohara, #H. Takagi, T. Oguchi, and S. Shin: Phys. Rev. B 81(18), 180509(R) (2010).◯

2010年3月末まで

  1. Magnetic Excitations in Infinite-Layer Antiferromagnetic Insulator
    • *+Keisuke TOMIYASU, +Hiroshi KAGEYAMA, Changhoon LEE, Mike H. WHANGBO, Yoshihiro TSUJIMOTO, Kazuyoshi YOSHIMURA, Jon W. TAYLOR, Anna LLOBET, Frans TROUW, #Kazuhisa KAKURAI, and Kazuyoshi YAMADA: J. Phys. Soc. Jpn. 79(3), 034707 (2010).◯
  2. 中性子散乱分光による磁性体研究の現状と将来
    • *山田和芳, +富安啓輔, 藤田全基:
      固体物理 44(11) <量子ビームが拓く固体物理>特集号,
      777-785 (2009). (査読無)
  3. Disorder-sensitive superconductivity in the doped iron silicide superconductor (Lu)FeSi ( = Sc, Y, and Dy)
    • *#T. Watanabe, H. Sasame, H. Okuyama, K. Takase, and Y. Takano: Phys. Rev. B 80(10), 100502(R) (2009).
  4. Electrical and magnetic properties of La deficient superconductor LaOFeP
    • *X. Jin, #T. Watanabe, K. Takase, and Y. Takano: J. Alloys Compd. 488(1), L14 (2009).
  5. Jahn-Teller Inactivity and Magnetic Frustration in GeCo2O4 Probed by Ultrasound Velocity Measurements
    • *#T. Watanabe, #S. Hara, and #S. I. Ikeda: Phys. Rev. B 78(9), 094420 (2008).
  6. Magnetic structure and orbital state of CaRuO investigated by resonant x-ray diffraction,B. Bohnenbuck
    • *I. Zegkinoglou, J. Strempfer, C. Schüßler-Langeheine, C. S. Nelson, Ph. Leininger, H.-H. Wu, E. Schierle, J. C. Lang, G. Srajer, #S. I. Ikeda, Y. Yoshida, K. Iwata, S. Katano, N. Kikugawa, and B. Keimer: Phys. Rev. B 77, 224412/1-5 (2008).
  7. Commensurate to Incommensurate Transition in the Chiral Helimagnet CuBO
    • *T. Fujita, Y. Fujimoto, S. Mitsudo, T. Idehara, T. Saito, #Y. Kousaka, S. Yano, J. Akimitsu, J. Kishine, K. Inoue and M. Motokawa: J. Phys. Soc. Jpn. 77(5), 053702/1-4 (2008).
  8. Spin-charge-lattice coupling near the metal-insulator transition in CaRuO
    • *C. S. Nelson, H. Mo, B. Bohnenbuck, J. Strempfer, N. Kikugawa, #S. I. Ikeda and Y. Yoshida: Phys. Rev. B,75(21),212403/1-4、(2007).
  9. 金属の酸化物の合成方法
    • 白川 直樹、池田 伸一、阪東 寛: 特 3937005 (2007).
プリンタ用画面
前
フラストレーションの強い異方的2次元量子スピン系におけるスピノン
カテゴリートップ
項目A01「フラストレート系の基礎物性」
次
フラストレートした磁性体におけるベリー位相とその展開