全体の研究組織へ戻る

 

課題エ「フラストレーションと量子伝導」

概要

フラストレーション効果が顕著な強相関金属の合成とその物性測定を行い、伝導特性にフラストレーションがどのように影響しているかを実験的に研究するとともに、関係する輸送現象の理論的研究を展開して、フラストレート金属相の量子伝導の特異な本質を明らかにする

研究代表者

  • 常次 宏一
    • 東京大学・物性研究所・教授
    • 計画研究の統括、理論計算

研究分担者

  • 廣井 善二
    • 東京大学・物性研究所・教授
    • 物質探索、超低温測定
  • 中村 裕之
    • 京都大学・大学院工学研究科・教授
    • 試料作製、磁性測定
  • 藤本 聡
    • 京都大学・大学院理学研究科・准教授
    • 理論計算
  • 花咲 徳亮
    • 大阪大学・大学院理学研究科・教授
    • 伝導・熱特性測定
  • 中辻 知
    • 東京大学・物性研究所・准教授
    • 試料合成、物性評価課

連携研究者

  • 野上 由夫
    • 岡山大学・理学部・教授
プリンタ用画面
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
スピンフラストレーションと磁気強誘電性