トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  NMRによるフラストレートしたスピン・電荷・軌道結合系の電子状態の解明

全体の研究組織へ戻る

 

A02公募-9 「NMRによるフラストレートしたスピン・電荷・軌道結合系の電子状態の解明」

概要

研究組織

研究代表者

  • 伊藤 正行
    • 名古屋大学 大学院理学研究科 教授

研究分担者

  • 清水 康弘
    • 名古屋大学 大学院理学研究科 講師

研究連携者

  • 小林 義明
    • 名古屋大学 理学研究科 准教授
プリンタ用画面
前
量子スピンが引き起こすマルチフェロイック相の新奇物性の探索
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
軌道自由度付フラストレーション系における三量体の物理