トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  スピンフラストレーションと磁気強誘電性

全体の研究組織へ戻る

 

課題オ「スピンフラストレーションと磁気強誘電性」

概要

フラストレート磁性強誘電体の巨大電気磁気効果の発現機構を、強誘電性と結晶構造・磁気構造の対応関係も含めて解明し、磁気強誘電性に関わる新規物質や新規物性開拓の指針を得る。またスピンカイラリティの電場による制御等、磁気強誘電性に対する新たな外場制御法を開拓する。

研究組織

研究代表者

  • 有馬 孝尚
    • 東京大学・大学院新領域創成科学研究科・教授
    • 計画研究の統括、X線回折実験

研究分担者

  • 野田 幸男
    • 東北大学・多元物質科学研究所・教授
    • X線・中性子回折実験
  • 石原 純夫
    • 東北大学・大学院理学研究科・教授
    • 理論

研究連携者

  • 梶本 亮一
    • 一般財団法人 総合科学研究機構 東海事業センター 利用研究促進部・副主任研究員
    • 励起状態測定
  • 木村 剛
    • 大阪大学・基礎工学研究科・教授
  • 阿部 伸行
    • 東北大学・多元物質科学研究所・助教
  • 佐賀山 基
    • 東京大学・大学院新領域創成科学研究科・助教
プリンタ用画面
前
フラストレーションと量子伝導
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
フラストレーションとリラクサー