トップ  >  領域の内容  >  項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」  >  フラストレーションとリラクサー

全体の研究組織へ戻る

 

課題カ「フラストレーションとリラクサー」

概要

リラクサー誘電体特有の諸現象の解明を目指し、巨大誘電率の鍵になっている「不均一性」の起源をフラストレーションに求め、「物質合成と新物質探索」「複数の微視的プローブの相補的利用」「空間階層性を考慮した理論の構築」を行う。

研究組織

研究代表者

  • 大和田 謙二
    • 日本原子力研究開発機構 量子ビーム応用研究部門・研究員
    • 計画研究の統括、放射光X線散乱

研究分担者

  • 森 茂生
    • 大阪府立大学・理学系研究科・教授
    • 電子顕微鏡・電子線回折
  • 富田 裕介
    • 芝浦工業大学・工学部・准教授
    • 理論・計算
  • 松浦 直人
    • 東北大学・金属材料研究所・助教
    • 中性子散乱
  • 若林 裕助
    • 大阪大学・基礎工学研究科・准教授
    • X線散乱
  • 左右田 稔
    • 東京大学・物性研究所・助教
    • 中性子散乱

研究連携者

  • 野口 祐二
    • 東京大学・先端科学技術研究センター・准教授
    • 物質合成・基礎物性測定
  • 近藤 忠
    • 大阪大学・大学院理学研究科・教授
    • X線構造解析
  • 加藤 岳生
    • 東京大学・物性研究所・准教授
    • 理論・計算
プリンタ用画面
前
スピンフラストレーションと磁気強誘電性
カテゴリートップ
項目A02「フラストレーションが生む新現象とその応用」
次
スピン・電荷・格子複合系における幾何学的フラストレーションと機能