Page Top

公募研究のページ anchor.png

Page Top

前期公募研究 anchor.png

項目研究課題名
A01公募-1新規フラストレーション物質三角スピンチューブの磁気状態の核磁気共鳴による研究
A01公募-2フラストレートした磁性体におけるベリー位相
A01公募-3フラストレーションに誘起された量子フェリ磁性の理論的研究
A01公募-4スピンカイラリティーによる磁気光学効果
A01公募-5三次元カゴメ格子の磁気励起と軌道液体状態の探索
A01公募-6二次元三角格子物質の低エネルギー磁気励起
A01公募-7フラストレートした分子性化合物におけるクロスオーバー現象の熱的研究
A01公募-8新奇量子磁性を示す遷移金属水酸塩化物の純良単結晶作製と磁気相関の解明
A01公募-9幾何学的フラストレート系有機磁性体の合成と量子効果
A01公募-10フラストレーションの強い異方的2次元量子スピン系におけるスピノン
A02公募-1フラストレート系CuOジグザグチェーンにおける超伝導の研究
A02公募-2フラストレート系における輸送現象、特にホール効果の理論研究
A02公募-3フラストレートした強相関電子系の電荷ダイナミクス
A02公募-4磁気的競合を利用したリラクサー現象の探索
A02公募-5Ti,V酸化物における軌道自由度付フラストレーション系の物質開発と物性
A02公募-6ベクトル・スピン・カイラリティ―・スピン液体と磁気強誘電性の理論的研究
A02公募-7フラストレーションによって生じる非自明なスピン構造中での電荷自由度の振る舞い
Page Top

後期公募研究 anchor.png

A01公募-11幾何学的フラストレート系におけるスピン励起と格子振動の中性子非弾性散乱研究
A01公募-12フラストレートした磁性体におけるベリー位相とその展開
A01公募-13カイラル磁性を有する遍歴磁性体における異常磁気伝導
A01公募-14量子スピンカゴメ格子の磁気転移と遅いゆらぎ
A01公募-15新奇なスピン液体相を形成するフラストレート化合物の多角的熱力学研究
A01公募-16特異量子磁性を示した新奇d電子系物質M2(OH)3Xの単結晶成長と磁気構造決定
A01公募-17三角スピンチューブにおける新奇な磁気状態の解明
A01公募-18フラストレート系におけるトポロジカルな励起
A01公募-19有機磁性体による幾何学的スピンフラストレーションの創出と量子効果
A01公募-20カゴメ格子反強磁性体における新奇な異常量子現象の理論的・数値的研究
A01公募-21異方的2次元フラストレート磁性体の有限温度の性質
A01公募-22低次元フラストレート系におけるカイラル及び多極子秩序とその動的観測量
A02公募-8量子スピンが引き起こすマルチフェロイック相の新奇物性の探索
A02公募-9NMRによるフラストレートしたスピン・電荷・軌道結合系の電子状態の解明
A02公募-10軌道自由度付フラストレーション系における三量体の物理
A02公募-11強相関電荷のフラストレーションがもたらす新奇誘電体・金属の理論的研究
Page Top

登録する論文、著書ほか anchor.png

登録の基準は以下の通りです。

  • 何らかの意味でフラストレーションと関連のある論文、著者など
  • 2007年4月以降に発表されたもの
  • 謝辞について
    • 本特定領域への謝辞のある論文はもちろん登録してください
    • 本特定領域への謝辞はないが、他の研究費への謝辞もない論文は登録可能です
    • 他の研究費への謝辞のみの論文は登録しないでください
  • 登録の範囲
    • 学術論文(査読付き)、学術論文(査読無し)、著書、特許などは区分しません
  • 著者が複数の班にまたがる場合も、各班ごとにそれぞれ入力してください。
Page Top

論文登録の方法 anchor.png

論文リストは各班ごとに代表者が集め、各班の登録ページから班代表者が入力を行います。分担者の方々から代表者へはメールなどで情報を送る事になりますが、そのときの論文リストフォーマットは下記の案内にしるされたものに従ってください。

  1. ログインする
  2. 自分の班の登録ページに行き、ページ上部にある「編集」ボタンを押して編集モードに入る
  3. 論文を登録する 現在から順に発表年次を過去にさかのぼり、論文、著書(教科書、学会抄録、講演要旨は除く)、特許、工業所有権について登録します。
  4. 入力しながら「プレビュー」で表示を確認することができます。
  5. 入力を確定する時は「ページの更新」を必ず押してください。
Page Top

論文の場合 anchor.png

  • 論文題目、著者、雑誌名、巻/号、最初と最後の頁、発表年(西暦)、ピリオドについて記入してください。形式は以下の通りです。
    +論文題目
    --著者名リスト, 雑誌名, 巻(号), 最初と最後のページ  (西暦年).
  • 査読無しの場合は"(査読無)"を、最初と最後のページの後につけてください。
  • 本特定領域への謝辞がある場合は""を、最初と最後のページの後につけてください。
    +論文題目
    --著者名リスト, 雑誌名, 巻(号), 最初と最後のページ  (西暦年).(査読無), ◯ 
  • 著者は全員のせてください。
    • 著者のfirst nameはイニシャルにしてください。例:H. Kawamura
  • 研究代表者には名前左に+、研究分担者は#をつけてください。
    • 研究代表者、分担者とは、班分けなどにこだわらず本特定領域研究で申請書上「研究代表者」「研究分担者」と区分されている方々全てを含みます。これは、領域内でコラボレーションが十分行われているかの重要な指標になりますので、記入漏れの無いようにお願いいたします。
  • Corresponding author(その論文全体を一番理解している著者)の名前左に*をつけてください。
    • "+", "#", "*"の記号は半角にしてください。
  • 雑誌に関しては、巻(Vol.)だけでなく号(No.)も載せてください。すこし面倒ですが。
  • 上付き、下付きの添字やギリシャ文字などは形式で入力が可能です。
    Pb(Mg$_{1/3}^{2+}$Nb$_{2/3}^{5+}$)O$_{2}$, $\beta$-pyrochlore
    Pb(MgNb)O, -pyrochlore
    • MacOSXのSafari2.x以前は半角の「¥」や「?(バックスラッシュ)」を別の文字コードに変更してしまうため入力ができません。Safari3.0もしくはFirefoxをお使いください。
  • 謝辞の例
    • 英文の場合
      This work was supported by Grant-in-Aid for Scientific Research on Priority Areas ``Novel States of Matter Induced by Frustration'' (1905200*).
    • 和文の場合の例
      本研究は、科研費特定領域研究 「フラストレーションが創る新しい物性」 (1905200*) の助成を受けたものである。
    • 上記*には、各班の課題番号の下一桁の数字をご記入ください。
      総括班19052007前川班19052005川村班19052006
      陰山班19052004常次班19052003有馬班19052001
      廣田班19052002香取班19052008
Page Top

論文リストの例 anchor.png

+Electric Control of Spin Helicity in a Magnetic Ferroelectric(改行)
--*Y.Yamasaki, H.Sagayama, T.Goto, #M.Matsuura, +K.Hirota, +T.Arima and Y.Tokura: Phys. Rev. Lett. 98(14), 147204/1-4 (2007).◯(改行)
+Neutron and X-ray Scattering Studies of Relaxors(改行)
--*+K.Hirota, S.Wakimoto and D.E.Cox: J. Phys. Soc. Jpn. 75(11), 111006/1-13 (2006).(改行)

上記のように書くと

  1. Electric Control of Spin Helicity in a Magnetic Ferroelectric
    • *Y.Yamasaki, H.Sagayama, T.Goto, #M.Matsuura ,+K.Hirota, +T.Arima and Y.Tokura: Phys. Rev. Lett. 98(14), 147204/1-4 (2007).◯
  2. Neutron and X-ray Scattering Studies of Relaxors
    • *+K.Hirota, S.Wakimoto and D.E.Cox: J. Phys. Soc. Jpn. 75(11), 111006/1-13 (2006).

と表示されます。半角の+に続けて題目を書き、改行後、半角の-を2つ続けてから残りの情報を書いてください。文頭には空白などは入れないでください。エディターなどで作成したものをコピー&ペーストすると簡単です。エディターで作成したものはローカルにも保存しておくと便利です。

Page Top

それ以外の場合 anchor.png

あとで書きます。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6146, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2010-07-05 (月) 09:31:13 (JST) (2663d) by master